DEMOCRACY for the FUTURE

民主主義の未来

「民主主義の未来」プロジェクト

冷戦終結により共産主義は自壊し、勝利した自由と民主主義が世界に拡散していくと信じられていました。ベルリンの壁崩壊から30年が経った今、世界各地では権威主義的統治手法が拡大し、先進民主国でさえポピュリズムの台頭でぐらつき始めています。今日の世界において、民主主義は顕著に後退していると言っても過言ではありません。

こうした問題意識を踏まえ、日本国際交流センター(JCIE)は、国際秩序と普遍的価値が現在どのような脅威に晒されているのかを理解し、日本としてどのような政策を展開できるのか検討する研究プロジェクト「民主主義の未来 -私たちの役割、日本の役割」を2018年に開始しました。

Previous
Next

最新のコンテンツ

アメリカ:根深い保守派陰謀論、偽情報に警鐘

2021-05-11
本論考は、フェイスブック監視委員会がトランプ元大統領をプラットフォームから停止させた同社の決定に対する支持を表明したものの、暴力的で陰謀に満ちた保守派の声はオンライン上で深く根を張り、非常に回復力が高いことが証明されていると警鐘を鳴らす。