CATEGORY: Asia

中国におけるメディア弾圧やインターネット監視等について
2020年10月
Freedom House
フリーダムハウスのChina Media Bulletin 147号が発表された。報道の自由の低下、インターネット弾圧・監視、メディア操作に対する外国政府の反発などが取り上げられている。
民主主義国において軒並み対中感情が悪化
2020年10月6日
Pew Research Center
民主主義国において軒並み対中感情が悪化したことがピュー・リサーチ・センターの調査で明らかとなった。
中国共産党は人権レジームにとって最大の脅威
2020年10月5日
Foreign Policy
PEN AmericaのSuzanne Nossel氏による論考。中国共産党が人権レジームにとって最大の脅威であると論じる。
ミャンマー:選挙システムの公平性に警鐘
2020年10月5日
Human Rights Watch
11月8日にミャンマーで予定されている議会選挙、州選挙、地方選挙に関し、ヒューマン・ライツ・ウォッチは、公平な選挙システムになっていないと警鐘を鳴らしている。
中国を利する米国の選挙機能不全とコロナとの闘い
2020年10月4日
Atlantic Council
トランプ大統領のコロナ感染など、米国の自失点が続く中、「欧米民主主義は無秩序であるのに対し、中国は政治的安定を維持している」とのメッセージが中国共産党系メディアから発出されていると指摘する論考。
香港:民主主義の普遍的価値は支持され続けている
2020年10月1日
The New York Times
香港人活動家ネイサン・ロー氏による寄稿。香港国家安全維持法成立以降、香港人のほとんどが政治的見解の表明を控えるようになったものの、自由、民主主義、人権、法の支配などの普遍的価値を支持し続けていると伝えている。
アムネスティ・インディア、事務所閉鎖に追い込まれる
2020年9月29日
CNN
アムネスティ・インディアが事務所閉鎖に追い込まれた。インド政府から継続的な取り締まりを受けてきたうえ、銀行口座が凍結されたことを受け、運営の継続が不可能になったもの。
好戦的姿勢は中国共産党の正当化が目的
2020年9月27日
The National Interest
America Enterprise InstituteのDan Blumenthal氏らによる論考。中国が今年に入って多方面で好戦的な姿勢を強めているのは、国内のナショナリズムを高揚させて内部分裂を抑制するためであると指摘する。
欧米諸国、国連人権理事会において中国を批判
2020年9月25日
Reuters
欧米諸国は国連人権理事会において中国に対し、香港での基本的な法的権利を回復し、ウイグル自治区に国際調査団を受け入れるよう求めた。
ウイグル人強制収容所に関する報告書の発表
2020年9月24日
Australian Strategic Policy Institute
オーストラリア戦略政策研究所のNathan Ruser氏による、ウイグル人強制収容所に関する報告書が発表された。