Archives

COVID-19時代のサイバー市民権

コロナウイルスによりIT利用がますます欠かせなくなったことで、IT空間における差別や嫌がらせなどの防止が市民権運動の一環として重要性を増した。著者らはこれを「サイバー市民権」と呼び、バーチャル空間の管理者に対し責任を持つよう求める。

原文を読む Cyber Civil Rights in the Time of COVID-19 

最近