DEMOCRACY NEWS

政府によるインターネットサービスの意図的な減速

2020年5月20日
Center for International Media Assistance

政府がインターネットサービスプロバイダ―に対しインターネットの通信速度を遅くさせて、一般の人々が情報にアクセスすることも、メディア関係者が情報をアップロードすることもできないようにする情報遮断手口が世界で拡大している。過去2年間でこうしたケースが36件見られたという。こうした手口が見られた例には、中国、タジキスタン、カザフスタン、ヨルダン、ジンバブウェ、インド、バングラデシュなどが含まれる。

原文を読む The Rise of Internet Throttling: A Hidden Threat to Media Development 

最近のNews