DEMOCRACY NEWS

米国の民主主義、大統領選挙後に最も脆弱となる可能性

原文発行日:2020年10月26日
Foreign Affairs

2016年の教訓を踏まえ、今回の米大統領選期間中には外国からの選挙干渉の試みに対して対策が取られてきた。しかしジャーマンマーシャルファンドのLaura Rosenberger氏は、米大統領選投票日の数日後から数週間後が最も脆弱となり、米国の民主主義プロセスに対する国民の信頼を損なうことを目的に、海外アクターが干渉してくる可能性が高いと警告している。

原文を読む The Real Threat of Foreign Interference Comes After Election Day

Early voting in New York City, October 2020 Jeenah Moon / Reuters

Warning: Undefined array key "tag" in /home/democrjp/public_html/wp-content/plugins/recent-posts-widget-extended/classes/widget.php on line 103
最近のNews