DEMOCRACY NEWS

バイデン政権下、アメリカはリベラルな覇権主義に戻る

原文発行日:2020年11月12日
Project Syndicate

フーバー研究所ジョセフ・ジョフィ氏の論考。バイデン大統領の下で米国は、ルールに基づいた国際秩序、民主主義の推進、開かれた社会を重視するリベラルな覇権主義に戻ることになるだろうと論ずる。ただし、米国の内向き志向はトランプに先行して起こっており、バイデン政権下で完全には逆転しないとも警告する。アジアとの関係では、中国との権力闘争は続き、インド、日本、韓国、台湾、オーストラリアなどとともに「封じ込め2.0」を模索するだろうと指摘する。

原文を読む Back to Liberal American Hegemony

BUENOS AIRES, ARGENTINA - NOVEMBER,30 (RUSSIA OUT) U.S. President Donald Trump (R) looks on Russian President Vladimir Putin (L) during the welcoming ceremony prior to the G20 Summit's Plenary Meeting in Buenos Aires, Argentina, November,30,2018. U.S.Preisident Donald Trump has cancelled his meeting with Vladimir Putin at the G20 Summit in Argentina planned on Saturday. (Photo by Mikhail Svetlov/Getty Image

Warning: Undefined array key "tag" in /home/democrjp/public_html/wp-content/plugins/recent-posts-widget-extended/classes/widget.php on line 103
最近のNews