DEMOCRACY NEWS

このセクションは、世界のメディアの民主化に関する報道を日本国際交流センター(JCIE)が和文要約し紹介するものです。

米国:安保専門家らが権威主義の拡大抑制に向けた提言
原文発行日:2020年10月30日
Alliance for Securing Democracy
米国の安保・外交専門家30名から成るAlliance for Securing Democracyは、10月末に報告書を発表し、独裁体制の影響拡大を抑止する国家戦略を提言した。
ドイツ:ジャーナリストへの嫌がらせや暴力行為が拡大
原文発行日:2020年11月16日
Reporters Without Borders
ドイツで、政府によるコロナ対策に対する抗議活動の現場で、ネオナチとフーリガンによるジャーナリストへの嫌がらせや暴力行為が拡大している。
香港中文大卒業生、覚悟の抗議活動
原文発行日:2020年11月20日
Hong Kong Free Press
香港中文大の卒業生は11月19日、フェイスマスクで顔を覆った上で、「香港を解放せよ。我々の時代革命」、「香港独立、唯一の出口」などのスローガンを掲げた。
アメリカ、トランプ後の民主主義の行方
原文発行日:2020年11月18日
American Purpose
スタンフォード大学ラリー・ダイアモンド教授の論考。米大統領・連邦議会選挙において民主党のリードが予想を大きく下回った理由を分析している。
インドネシア:オムニバス法署名、非自由主義に転換か
原文発行日:2020年11月17日
Carnegie Endowment for International Peace
アムネスティインドネシアUsman Hamid氏の論考。インドネシア政府は今月、雇用創出に関するオムニバス法に署名した。
中国、2035年までに世界最大の経済大国となるとの予測
原文発行日:2020年11月12日
Bloomberg Economics
ブルームバーグ・エコノミクスは、2035年までには中国が米国を抜いて世界最大の経済大国となると予測する。
バイデン政権下、アメリカはリベラルな覇権主義に戻る
原文発行日:2020年11月12日
Project Syndicate
フーバー研究所ジョセフ・ジョフィ氏の論考。バイデン大統領の下で米国は、ルールに基づいた国際秩序、民主主義の推進、開かれた社会を重視するリベラルな覇権主義に戻ることになるだろうと論ずる。
オンライン上の偽情報・情報操作を食い止めるための提言
原文発行日:2020年11月12日
Forum on Information and Democracy
オンライン上で偽情報や操作された情報が増殖し続けていることを受けて、Forum on Information and Democracyは、民主主義と人権を脅かす現象の食い止め方に関する250の提言を発表した。